女性特有の症状は低用量ピルで解決

低用量ピルとウコンと周期について

ウコンの枝と粉末

低用量ピルの服用を開始することで、エストロゲン、プロゲストーゲンといった女性ホルモンの、血中濃度は高まります。
低用量ピルの成分により、女性の体は卵巣より女性ホルモンが、十分に出ていると思うので、視床下部を抑制します。
低用量ピルは避妊のために使われますが、ほかにも月経関連のトラブルを少なくさせるために、処方されることもあります。
毎月の月経の周期が乱れやすい人などは、低用量ピルを使用することで、生理周期を安定させることができます。
月経の周期というのは、月経の開始日から、その次の月経がスタートをする前までの間です。
通常であればそれは、25日から38日間というのが正常な周期となります。
頻発月経歯周機が短く、24日以内の周期の月経です。
逆に稀発月経と言われるのは、日数的に生理周期が39日以上の間があくことです。
平均的な月経の期間としては1週間くらいです。
月経が始まる時期は、女性の心とともに体も、とても不安定になります。
心は落ち込みやすくなりますし、肌荒れが起きたり肩こりが出てきたり、眠気も感じますし、やけに食べ角もあります。
月経中になるとだるさを感じやすく、下腹部痛や貧血を起こしやすくなって、憂鬱な期間です。
ですがそこをすぎれば、心も体も総会になる時期がきます。
ウコンといえば一般的には、二日酔いに良いと知られています。
ウコンの効果で言えば、消化不良を改善したり、健胃効果というのは科学的データでも検証されている効果になります。
免疫のコントロール作用屋、抗酸化作用、抗炎症作用や、肝臓保護作用な度もあると言われています。
ウコンの成分摂取をするなら、ウコンのサプリメントなどを利用するのが便利でしょう。

最新記事New Posts